大英博物館攻略法

日本人も多く訪れる大英博物館。歴史が好きな人、博物館が好きな人にとっては一度は行きたい場所です。そこには700万点、常設展示だけでも15万点にも及ぶ膨大な所蔵品があります。しかも入場料は無料。しばらくロンドンに滞在して通いつめたいと思う人も多いのではないでしょうか。
古代エジプトのミイラ、ロゼッタストーン、ギリシアのパルテノン神殿の彫刻群…大英博物館の魅力は一言では語れません。またギリシア様式の正面玄関や現代アートを思わせる中庭のセンスあふれる作りはそれだけで芸術作品となっています。かつて併設されていた図書館の名残である閲覧室の膨大な書籍も大英博物館ならでは。訪れる場所、目にするものすべてがアートであり、文化遺産でもあ。そんな空間なのです。

常設展示ではエジプトやギリシア・ローマなど地域に分かれて展示されています。日本関連のコレクションも日本ギャラリーとして常設展示されており、所蔵品の数々を楽しむことができます。また、さまざまな企画展も魅力で、時々日本関連の企画展も実施されています。
かつて帝国主義時代に世界各国の植民地から集めてきた所蔵品が多いことから、「略奪品でなりたっている」「泥棒博物館」などと揶揄されることもあります。確かに、現在も各国から返還の要望が出されており、大英博物館が抱える大きな問題点にもなっています。しかしその魅力は時代も国境も越えて今も輝いているといえるでしょう。

ここでは、日本人のわたしたちが大英博物館を楽しむためのポイントをまとめてみました。いわば「ブリティッシュ・ミュージアム・イン・ジャパン」。日本にいながら博物館の魅力を味わってみてはいかがでしょうか。そして興味がある人はこれを機会に実際に訪れてみてはいかがでしょうか。

卒業旅行初心者なび | パスポートの役割
こちらでは初めての卒業旅行で必要な心得が掲載されています